社会的健康と地域づくりを支える研究会

R1年度 第2-3回目の勉強会 報告

すっかり報告が遅くなりました。反省しきりですが、参考程度に簡単にお知らせいたします。

R1年度の2回目の勉強会は昨年11月に、3回目の勉強会は2月に実施しました。

第2回目(11月)は震災の経験を振り返りました。

訪問看護ステーションやグループホームを運営されている事業者に話題提供をしていただき、支援者として経験したことや感じたことなどをお話しいただきました。はっとする出来事、感心した出来事、そして、その後の取り組みなど、普段は聴くことのできない内容がとても新鮮でした。

その後、参加者全体で経験したことを共有し、それぞれがゆるやかに災害時を振り返り学ぶ機会としました。

第3回目(2月)は、支援者として「支援とは?」を考えました。3人の話題提供者の方たちから、それぞれ、人間としてきついなぁと思うことなど、平素の支援業務で感じていること、個人の課題などお話しいただきました。キャリアも職種も活動地域も違う3人の方々から、個性豊かな経験をうかがうことができました。

その後、3つのグループに分かれて、経験を共有し、ストレス対処法をシェアしたり、話すことでストレスを解消したりと、楽しくワークをしました。その後の懇親会も含め、笑いが絶えない盛会となりました。

社地研ならではの付箋紙+模造紙ワークですが、ふりかえってみると、実施するたびに緩やかになっています。

R1 年度は、話題提供をききながら、ピンときたキーワードやフレーズ、その時思い浮かんだことを付箋紙に書いていくスタイルとしました。グループワークではそれを提示しながら好きなことを話し、まとめることをゴールとせず「プロセスを楽しむ会」となっています。

自由な対話の中で支援者として自らを振り返る機会は「他で体験できない」と好評で、運営者も嬉しい限りです。

これからも、支援者が元気になれる企画を地道に続けていく予定です。

ご参加の折には、新たな発見をして、思い切り楽しんでお帰りくださいね。